コミュニケーション!注目の記事 PICK UP!

Vol.141ライブレポ♪

6/29(土)は今年6発目のミュージックコミュニケーションでした!

雨の中お集まりいただき、本当にありがとうございました!(T ^ T)

久しぶりの35分ステージでしたが、おかげで魂込めて歌いきることができました。

差し入れもいつもありがとうございます!

美味しく、楽しく、いただきました♪(*´`*)

◆◆◆

TOMOHIRO AOKI ミュージックコミュニケーション Vol.141

【セットリスト】
オープニングSE. 
A WHOLE NEW WORLD (END TITLE)ZAYN AND ZHAVIA WARD
1. COME ON!
2. HELP!THE BEATLES
3. As I Am(新曲)
4. I WANNA BE WITH YOU
5. …don’t you?
6.
7. MY WAY

————

A WHOLE NEW WORLD (END TITLE)
現在も勢い衰えずに大ヒット上映中の映画『アラジン』のサントラより
こんなにも引き込まれるメロディーと歌声により、僕の心はリセットされ、ライブへと集中できるのです。

COME ON!
冒頭でみなさんと一つになるにはもってこいの曲です。
ギターも気持ちよく鳴り響き、自然にテンションが上がりました。

https://youtu.be/bPioi1FfEew
ミュージックコミュニケーションVol.63より

HELP!
ちょうど6/29は「ビートルズの日」として制定されているそうです。
1966年の6/29に彼らは初の来日を果たしたためなのですね。
そんな日にこの名曲をカバーできて光栄です。

As I Am(新曲)】
ありのままの自分をさらけ出す。
そんな信念に基づき生み出したロックな曲であります。

I WANNA BE WITH YOU
毎月のように新曲を作りながらステージを続けていると、どうしてもなかなか演奏しなくなってしまう曲が出てきます。
この曲も生み出した当初は飛び上がるほどに嬉しくなったお気に入りでしたが、なかなかどうして、今回久しぶりに歌えたのであります。

…don’t you?
前回Vol.140の新曲として登場しました。
今回はさっそくGarageBandにて13トラックのカラオケ音源を作成・使用しています。
青木流のダンスロックになっております。

【命】
6/29は僕の大切なパートナーのお祖父様の命日なのです。
6/29は「ビートルズの日」でもあり、「パートナーのお祖父様の命日」でもあり。
なんの変哲も無い1日が、ときに嬉しく、ときに悲しく、ときに尊い1日として誰かに記憶されていく。
そう考えたら胸にググググッときてしまいました。
当初セットリストには無かったこの曲、僕にとってもっとも大切なこの曲を、この日だけは特別に、心の赴くままに歌い、捧げました。

MY WAY
自分の道を迷いながらも突き進むこと。
それが新たな出会いを生み、大切な存在と長く一緒に過ごせる秘訣だと思っています。
悩んだりくよくよしたり、苦しんだりしながらも、誰もが自分だけの道を見いだし、突き進めますように。

◆◆◆

6/29という日や、急遽決まった35分ステージ、そして集まってくださった人たち。

すべてに意味があって、尊い時間を過ごせたのだと思います。

141回目のミュージックコミュニケーション届いたなら、伝わったなら、とっても嬉しいです。

次回ミュージックコミュニケーションVol.1427/21(日)浦和ナルシスです

フルスピードで準備するぞっ!

魂込めて歌いますっ♪o(ω´ )o

―― 

コミュニケーションについての無料メルマガ 『サプコミュ通信』好評配信中
購読には下記URLよりメルアドの登録をお願いします
https://www.mag2.com/m/0001669401.html

『サプコミュ通信』が“MAG2NEWS”で取り上げられました!
http://goo.gl/oiEx5d 

青木朋博の著書(Kindle版)好評発売中!
https://www.amazon.co.jp/-/e/B01NCT5QYX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

青木朋博

青木朋博

“人と話すことが苦手な方”専門のコミュニケーションコンサルタント、青木朋博です!良い声の出し方や話し方、心のケア、カウンセリング等、お悩みはぜひご相談ください♪無料メルマガ「サプコミュ通信」好評配信中♪

関連記事

  1. Vol.140ライブレポ♪

  2. Vol.142ライブレポ♪

  3. Vol.139ライブレポ♪

  4. Vol.143ライブレポ♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP